男性ホルモンが精力の元なのです

精力が衰えた時はバランスの良い食事が大事です!

病気、ケガ、精神的な精力減退以外による原因の場合は、食生活を正しくすることによって改善される例があります。精力を増強させるにはミネラル分を多く摂取することが大切となります。特に陰茎に良いとされる成分は亜鉛、ヨウ素、ビタミンB1、ビタミンE、ビタミンC、アスパラギン、シトルリンです。

 

◎ 亜鉛
古来より精力剤として使われてきたスッポンにはこの亜鉛を多く含み、他のミネラルが豊富に含まれている食材です。亜鉛はホルモンの分泌を促進し精子を作る能力を高めてくれる作用があります。亜鉛が多く含まれている食材は牡蠣(生)、豚肉(レバー)、ほや、牛肉(肩)、かに缶、牛肉(ロース)、牛肉(尾/テール)、たまご(卵黄)、プロセスチーズ、たらこ(生)、煮干、ピュアココアなどです。

 

◎ヨウ素
ヨウ素は、魚介類や海藻類に多く含まれています。新陳代謝を促す成分が豊富に含まれています。ヨウ素が多い成分は昆布(乾燥)、わかめ(乾燥)、ひじき(乾燥)などです。

 

◎ビタミンB1
ビタミンB1は不足してしまうと体内の糖を分解することができずに疲労物質が溜まることで疲れやすくなります。それが進行するとひどい倦怠感などになる場合があります。疲れると精力も衰えてくるのでビタミンB1は非常に大切な栄養素です。ビタミンB1は大豆、うなぎ、鰹節、たらこ、いくら、豚ひれ肉、豚もも肉、青海苔、昆布、焼き海苔に多く含まれています。ビタミンB1は大量に食べても体外に排出されます。

 

ビタミンE
ビタミンEは毛細血管を広げて血行をよくする働きがあります。海綿体への血流の悪さから陰茎が硬く勃起しないなどの症状を改善してくれる働きがあります。食べ物でビタミンEが多いものは、アーモンド、たまご、焼き海苔、いわし、すじこ、いくら、抹茶、マーガリン、煎茶の茶葉などに多く含まれています。

 

ビタミンC
ビタミンCは多く撮りすぎると、下痢や頻尿、発疹を起こす場合があります。ビタミンCは一度に取るのではなく、2〜3時間で体外へ排出されるのでなるべく数回に分けて摂取するのが良いでしょう。ビタミンCは鉄分の吸収を高める作用や抗ストレス作用をもつ副腎皮質ホルモンの合成を促進します。ビタミンCを多く含む食材は赤ピーマン、アセロラジュース、レモン、ケール、モロヘイヤ、いちご、パパイヤ、焼き海苔などに多く含まれています。

 

睡眠
これは精力に限った話ではありませんが、一部の特定の人を除いては1日3時間などの短い睡眠では肉体の疲労を回復することはほぼ不可能に近いです。睡眠は短すぎても、長すぎてもいけないのです。一般的には7〜8時間程度が理想と言われています。睡眠は肉体の疲労をとるのはもちろん、1日のうちに視覚から得た情報を整理して脳を休ませる意味も持っています。徹夜で一晩中起きていたりすると、脳がまったく動かないのを体験された方もいらっしゃると思います。

 

これは健康に悪いだけでなく、下半身にも影響を及ぼします。疲れた時にアソコがギンギンになる方もいらっしゃいますが、身体が疲労していることは結果的に長くは続きませんので、きちんと睡眠をとることが重要になってきます。夜なかなか寝付けないという方は昼間に軽い運動をしたり、散歩やウォーキングをするのも良いでしょう。後は寝る1時間位前から部屋の照明を落としたりする工夫も必要です。寝る前に半身浴でぬるめのお湯にゆっくり浸かるのも睡眠を深くとるコツです。

 

運動
人間の体内時計は25時間で、1日は24時間です。ここで1時間のズレが生じるのですが、この体内時計を24時間に戻してくれるのが、日光を浴びることと、軽い運動をすることです。こうすることにより、1日24時間の生活サイクルに合わせて生活できるようになっているのです。身体を動かすとストレス解消にも繋がります。身体を動かすとお腹が減ります。そして夜もぐっすり眠れます。気分もリフレッシュできます。部屋にばかりこもっているといろんなネガティブな事を考えしまいますので、少しは身体を動かしていい汗をかくことも必要だということを覚えておいてください。

300種類の中から選んだ精力剤!

BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!
WHITEBLUE
このサプリメントの飲用で、女の子も悶絶する!女性を絶頂させる、青と白のペニス覚醒サプリメント!! クリニックに行こうか迷っている・・・とにかく、コンプレックスを克服したいあなたに!! WHITE BLUE